精神病患者 接し方

精神病患者への接し方については、一定の配慮が必要です。

スポンサーリンク

精神的疾患には、統合失調症、躁うつ病、アルツハイマー症、外傷性ストレス障害(PTSD)、パニック症候群、摂食障害などの各種の病気があります。
統合失調症は、幻覚や妄想などの思考の異常をきたすものです。
躁うつ病は、気分の憂うつ、悲観的思考、自殺念慮などの負の精神状態と気分の高揚、誇大妄想、多動などの過剰な精神状態を発症するものです。
アルツハイマー症は、知的機能の減退により記憶力が低下し、迷子・徘徊・見坊などの症状が発症します。
拒食・過食は摂食障害と云われ、若い女性に多く見られる食の異常行動です。
拒食症は太ることを極端に嫌い、痩せることに異常にこだわるものです。
過食症は、食事によりストレスを解消するものです。
精神病患者へ接する場合には、一定の配慮が必要です。
良かれと思って行為が、相手にとって逆効果になる場合があります。
誤った接し方を行った場合には、病気の症状を悪化させる可能性もあります。
スポンサーリンク

精神病患者への最適な接し方は、その病気を理解した上で、相手の立場を考えた対応することから始まります。
精神疾患には各種の症状がありますので、どのような病気なのか、何が原因であるかを十分理解する必要があります。
精神病患者へ接する場合には、相手の話を十分に聞くなどの傾聴の姿勢が必要です。
相手との共感を図ることが重要です。
相手の話を十分に聞いた上で、休養を取るように勧めたり、精神科医や心療内科などの専門医などへの受診を勧めたり、場合によっては入院を勧める必要があります。
統合失調症やうつ病の患者へは、相手を責めるような接し方はタブーとされています。
誤った接し方をした場合には、相手を追い込むことになり、場合によって自殺に発展する場合もあります。
励ましの言葉よりも、いたわりや理解の言葉が効果的です。
統合失調症や躁うつ病などの精神疾患は、十分な休養と投薬治療、カウンセリング療法で十分回復することができます。
スポンサーリンク