精神病 チェック 他人

他人の精神病をチェックする

スポンサーリンク

精神病というものは、肉体的な病気と違いまして、目に見えるものではないため、その判断は困難なものです。
 特にその道の専門家でもない限り、安易にその病状を判断する事はできません。
 さらにそれが、その本人の承諾を経て診察するものであればともかく、それが本人の承諾を得ない状況で、診察やカウンセリングという形式をしていないものであれば、その困難さはさらに大きなものになります。
 しかし実は、この精神病の判断というものは、そういう状況下でそのチェックを行う事は、あまり珍しくはないのです。
と言いますのも、そもそも精神病のチェックとは、風邪の診察なんかとは違いまして、相手にたいして、気楽に提案できるものではないからです。
 確かにいきなり精神病かどうかチェックさせて下さいと言われれば、それにかなり抵抗を感じるのが普通でしょう。
 では相手の承諾を得ずして、他人のそれをするにはどうすればいいのでしょうか。
スポンサーリンク

 実は、そんないちいちかしこまって、検査だカウンセリングだという形式をとらなくても、ある程度でしたら、相手に感づかれずに、それをする事はできるのです。
 ではどのようにすれば、それができるのでしょうか。
 まず最初に忘れてはいけない事に、「何の病状を診察するのか」、という事を絞らなければなりません。
 一口に精神病と言いましても、その種類はたくさんあり、その症状も様々です。
 そこでまずその対象の人物に接した時に、その様子を観察して、どこがおかしいか、どこにどのような異常が見られるか、という部分を調べた上で、その対象の病名をある程度、絞りをかけてから、その病気の特徴を特に意識しながら会話をするのです。
 そうしますと、その対象がその病気であるかどうかを、かなり判断しやすくなります。
 こういうものは、やはりある程度経験を持った、専門家でなければ、簡単にはできないので、やはり素人ではなく、専門家の判断を仰ぐべきでしょう。
スポンサーリンク