非定型精神病 特徴

非定型精神病という病気の特徴について

スポンサーリンク

非定型精神病とは精神病の一種と認識されている病気であり、躁うつ病や統合失調症などが組み合わさった精神病でもあります。
そこでこの病気の特徴について説明をしていくと、1つめに診断を若干誤りやすいという傾向があります。
躁うつ病や統合失調症の組み合わさった症状が出るため、受診時において非定型精神病と診断されないことがあります。
専門知識を持った医師でも誤診する確率があるので、治療にはより慎重になって行う必要があるの精神病です。
この精神疾患にはいくつかの症状が出ますが、境界性人格障害という対人コミュニケーションが苦手になってしまうものがあります。
発症すると人間関係で問題を起こしやすくなり、悪化すると自傷行為に行ってしまうこともあります。
また極度の不安により多汗症に似た症状も発症するので、日常生活においても支障をきたす病気であるのが特徴でもあります。
スポンサーリンク

 非定型精神病の2つめの特徴として20代から30代の女性が発症しやすい傾向があり、理由として女性ならではの心理状態が関係しています。
この年代の女性は特に他人から良い印象を持たれたいという意識が強く、必要以上に無理をしてしまうことがあります。
それによって必要以上に精神面で負担を感じてしまうことがあり、気分の浮き沈みが激しくなってしまうことがあります。
これは非定型うつ病と呼ばれることもある病気であり、悪化するとうつ病に進行してしまうことがあります。
それによって倦怠感や無気力状態となってしまって、仕事や家事などにやる気を感じなくなってしまいます。
予防策として規則正しい生活をすることや、昼間には外に出て日光浴をするなどがあります。
しかし本格的に完治させるには医療機関での治療は必要なので、症状が軽いうちに受診をすることが大切です。
スポンサーリンク