魚 うつ病 改善

魚でうつ病は改善される!?

スポンサーリンク

魚でうつ病は改善される!?

 

そもそも、うつ病とは心のエネルギーが減少する症状です。
憂鬱になったり、悲観的になったり、不安、イライラ、引きこもり、思考力の低下、疲労感、頭痛、めまいなどなど様々な症状が出てきます。

 

とは言っても・・・

 

 

魚を多く食べる国ではうつ病が少ないのが分かっています。
一方で魚をあまり食べない国ではうつ病が多い傾向にあります。

 

 

ですから日本人は魚を多く食べる人種ですので、他の国に比べると少ないんです。
魚に含まれるDHAやEPAには精神安定に効果的で、神経細胞に働きかけストレスを緩和する作用が分かっています。

スポンサーリンク

ですが、最近の日本をみてみると、食文化が昔とだいぶ変わってきています。特に欧米化が進み、私もそうですが魚を食べる頻度がだいぶ少なくなってきました。割合的に私の場合、一週間で肉が7の魚が3といった所でしょうか。
そのせいか疲労感は常にあります。

 

 

昔のから【魚を食べると頭が良くなる】と言われますが、これは魚を食べる事で低下した脳の活動が回復するという意味です。
古生物学的にみても、人類は海辺で進化をとげてきました。
DHAが豊富な魚を常に食べていたおかげで、脳が進化してきたのです。

 

今一度、魚を中心とした日本食に戻る時ではないでしょうか!?

スポンサーリンク