精神病 種類 診断

精神病にも複数の種類がありますので、専門医の診断が必要です。

スポンサーリンク

精神病は、一般的に精神の病的な状態を表すことばとして用いられています。
幻想や妄想などによって、現実と非現実の区別ができなくなる精神の阻害状態とされています。
精神病にもいくつもの種類があります。
精神病の代表例とされているのが、精神分裂症と云われてものです。
現在では、精神分裂症は統合失調症と名を変えています。
また、躁うつ病、パニック症候群などの精神疾患も精神の病気のひとつとされています。
精神の病気の初期の症状は、日常の行動に表れるとされています。
仕事への集中力の低下、遅刻や欠勤、食欲不振、睡眠障害などの状態で、周囲の人が気づくことが可能な兆候が表れます。
このような初期症状が日常的に見られた場合には、精神科医や心療内科などの専門医の診断を受けることを勧める必要があります。
発見が早い場合には、医療が早く終了する場合があります。
スポンサーリンク

精神病の一つに解離性障害と云われるものがあります。
解離性障害は、強いストレスや心の傷によって精神の防衛状態に入る症状です。
強いストレスや心の傷によって、一定期間の記憶を失ったり、それまでの記憶を全て失ったり、また、自分に都合の悪い記憶のみを忘れるなどの症状です。
症状が悪化した場合には、本人以外の別の人格が現れる解離性同一障害が発症する場合もあります。
精神の病気の原因については、内的原因・外的原因・心的原因であるとされていますが、これらが複数合わせて原因となる場合もあります。
内的原因は脳自体に問題あり、脳内の脆弱性の部分に何らかの負荷がかかって発症するものです。
外因的原因は、脳腫瘍、脳血管障害等の中枢神経細胞自体の障害やアルコールや覚せい剤等の中毒症状により発症するものです。
心因的原因には、ストレスなどの心的要因から発症するものです。
精神の病気については、一定期間の休養、薬物の投与、カウンセリング等によって治療が可能とされています。
スポンサーリンク