うつ病 人 見下す

うつ病の人を見下す心理と正しい対応

スポンサーリンク

うつ病で休職中の人を見下す場合、相手には悪気がないことも多いです。
見下すつもりはなくても、うつ病で働けないことに納得できていない心理も考えられます。
表面的には健康的に見えていると、うつ病を患っていることを疑っている可能性も高いです。
また、うつ病という病気に偏見を持っているため、最初から見下すことも少なくないです。
間違った情報や知識を身に付けていたりと誤解している人もいます。
思い込みが激しい人だと、うつ病が理由で仕事を休んでいる人の気持ちがわからないこともあったりします。
本人はうつ病の症状で苦しんでいても、相手には伝わっていないこともありがちです。
その相手も色々と悩んでいたりとストレスを抱えていることもあります。
イライラしていたりと精神的に余裕がないこともうつ病の人を見下す原因につながりやすいです。
相手の立場や性格も考慮してみると見下す心理も判断しやすいです。
見下す相手にはうつ病についてわかりやすい説明をするなど理解してもらう努力も大事です。
相手がこちらを見下すことに腹を立てるよりも冷静に話せるのが適切な対応です。
段々と見下すこともなくなったりと相手の態度が変わってくるケースもあり得ます。
スポンサーリンク

家族がうつ病で仕事を休んでいることを見下すなら、病院で書いてもらった診断書を見せるのもありです。
相手が固定観念が強い人だったりすると、病気だと認めていないこともあります。
うつ病特有の症状も本人の人間性と結びつけたりと勘違いしていることも珍しくないです。
頑固で人の意見を聞かないタイプであれば、きちんと病気であると受け入れてもらうことが必要です。
担当医から正しい解説してもらうことも好ましいですが、相手を説得しやすくなります。
自宅でうつ病の治療に専念している場合、家族にも具体的な治療方法を把握してもらうことも大切です。
現在、服用している薬の種類や副作用の有無も打ち明けておくと安心です。
周りの人にも協力してもらえると心強いです。
治療の一環として趣味など好きなことに打ち込んでいても温かい目で見守ってもらえます。
家族とも信頼関係を築けることが理想的です。
普通の日常生活が送れないときもサポートを受けやすいです。
不安や心配などネガティブな感情をなくせると症状も悪化しにくいです。
うつ病の治療に時間がかかっても、焦らないことが一番です。
無理をせずに頑張れると最終的に社会復帰することも難しくなくなってきます。
スポンサーリンク