梅雨 精神 不安定

梅雨になると精神が不安定になる人が増えてきます

スポンサーリンク

梅雨になると精神が不安定になる人が増えてきます!!
その原因として、気温や湿度の急激な変化があげられます。
毎年、春から梅雨にかけて体調を崩し精神が不安定になりやすくありませんか?
花粉症から始まり、それが終われば気温の変化。
体がこれについていけない事で、精神が不安定になるのです。
男性よりも女性の方がこの時期はかかりやすいです。
それは、男女の体の仕組みが関係しています。男性は筋肉量があり心臓から送り出された血液を循環する力があります。
一方、女性は特にふくらはぎの筋肉量が少ないため重力の影響で下がってきた血液を上に押し戻すだけの力がなく、脚がむくんだり、血行不良で精神不安定になりやすいのです。
このような傾向がある人は症状が悪化すると、うつ状態になりますます悪くなるだけです。
普段の生活から、運動をする事を心がけて、出来るだけ気温の変化に左右されない体づくりをすることが大切です。

スポンサーリンク

しかし、なかなか運動をする気になれないのが本音だと思います。
普段の生活に慣れていると、新しいことをする気にもなれないと思います。
三日坊主という言葉があるように、例えばアナタがテニスをはじめて最初の時は、素振りをするのも楽しいはずです。
しかし、三日もすればだんだんと飽きてきてやる気が激減すると思います。
では、お風呂はどうですか?
毎日、ちゃんと入るのが習慣になっていますよね。
私も子供の頃はお風呂に入るのが嫌いで、親に怒られるまでは入りませんでした。
しかし、大人になり【周りの人から臭いと思われたら嫌だ!】という風に思うようになり、お風呂に入る事が習慣になっていったのです。
これと同じことです。
毎年のように、梅雨になると精神が不安定になる人は・・・
【精神が不安定になりたくない!】と思って毎日の運動を習慣にすればいいのです。
忙しくて運動をできないという人は、日常生活の中にストレッチや早歩きなどを取り入れて筋力アップを目指しましょう。
それと、毎日熱いお風呂に入る事も精神不安定には効果的です。
眠る前に熱いお風呂に入る事で、エネルギーが消耗しぐっすりと眠れるようになるのです。
そして次の日は、快適にすっきりした気持ちで起きる事ができるでしょう。

スポンサーリンク