精神病 チェック 他人

精神病チェックは他人の協力が大切です

スポンサーリンク

精神病チェックは他人の協力が非常に大切になります。
私達は友達や会社の仲間が精神病にかかったというと、関わりあわないようにその人を避けたりしがちです。そうやって本人を孤立させてしまうと問題は深刻になり誰にとっても不幸な結果しか生まなくなります。
常に他人事は自分事のように思える心が大切です。
精神病の対策として、休養をとりストレス対策に趣味に没頭しても完全にストレスがなくなることはありません。そんな時は、イライラしている自分を責めないで下さい。
気軽に相談できる仲間を持ちましょう。
それに仲間が気づいてあげれたら、気を使ってこえをかけてあげましょう。
それに最近では精神病にかかる患者が増えているため、会社をあげてこの対策に取り組む会社も増えてきました。
職場全体に精神病への理解が深まれば症状悪化も防げます。

スポンサーリンク

苦しんでいる仲間がいれば、あなたもどのように接したらいいか、相手の気が楽になるのか知っておくとだいぶ環境も変わるでしょう。
そこで、精神病は態度に出やすいのでSOSサインを知っておきましょう。
1 現在の部署をトラブルのたびに変わりたがる
2 仕事に集中しすぎて周囲とのコミュニケーション不足
3 自分の評価ばかりを気にする
4 遅刻や欠勤が多い
5 机や服装がだらしない
6 ミスを引きずる
7 すぐにムキになる
8 毎日のように頭痛、腹痛がする

 

このようにチェックの数が多い人ほど深刻です。精神病とは自分では分かりずらいものです。本人からしてみれば、ただの頭痛のように思っています。
まずは周りの人がチェックしてあげて声をかけてあげましょう。
声をかけるときも、相手の態度を変えてあげようなどという意識は捨てて下さい。
相手の気持ちを受け入れること、話しを聞いてあげること。
これだけで十分です。

スポンサーリンク