精神病 チェック サイン

精神病チェックとサイン

スポンサーリンク

最近、世の中では様々な事件や出来事が起こっています。
そして、そのほとんどが人の心の病が原因で起こっているのです。家族や同僚がうっぷんを爆発させる前に気づいてあげれば事件も未然に防げるのではないでしょうか。
心の病気も早期発見、早期治療が大切です。風邪や虫歯が、早く気づけば早く治るのと同じで、心の病気もやはり早く発見すれば対処しやすくなります。
身体的な病気と違って、本人が気づいていないという場合も多いため、周囲の人の気配りが早期発見の重要なカギになります。ストレスが溜まると家庭でも職場でも態度に変化が表れます。本来は気のいい人が小さな事で怒ったり、傷ついたりして、付き合いにくい人になってきたらストレスの蓄積を考えた方がよいかもしれません。
その時点でなにかアドバイスをしてあげれば改善のきっかけになります。

スポンサーリンク

職場では、家庭にいる時よりも多くのSOSサインを出しています。緊張感のある場所ですから本人の負担もより高くなっています。

●トラブルがあるごとに部署を変わりたがる。具体的な悩みは言わない
●机や服装がみっともなくなる
●休み明けの遅刻が多い。遅刻したうえに意欲のない状態で出勤することがある
●小さなミスをいつまでも引きずる
●毎日のように頭痛や腹痛などをうったえ、健康に仕事ができる日が少ない
●休憩中の雑談で突然むきになる。話しの内容よりも同僚に対して意見を通すことに腐心する

スポンサーリンク