精神病 特徴 

現代人に多い精神病の特徴

スポンサーリンク

現代人に多いのはやはり、仕事でもプライベートでもパソコンやスマホを使うことが多くなり、会話が少なく、コミュニケーション能力が乏しい人が増えています。
周りを見渡して下さい。電車などに乗ると9割の人がスマホで動画を見たり、ゲームをしたり、何か調べものをしていることに気づくでしょう。これって異様な光景だと思いませんか?一人で時間を潰したり、遊ぶことができるようになった現代ではますますこの傾向が強まりそうです。
仕事でもプライベートでもあまり人と接する機会がない人は、一番大切な人間関係がおろそかになってしまいます。
パソコン操作にめっぽう詳しく、ノルマもサクサクこなしますが、人と話し合い共同作業になると途端に調子が悪くなります。
あなたは大丈夫ですか?
同僚とうまくコミュニケーションがとれない。
生活のリズムが乱れ、体調不良に。
人と共同作業をすると心身症に。

スポンサーリンク

その他にもパソコンを苦手とするテクノストレスもあります。これだけみんながパソコンやスマホを使いだすとできないのが恥ずかしいという風潮になり、機械に不安を感じる人も増えています。パソコンの使い方が分からず、周囲についていけないストレスを感じて、心身症に陥ります。そういう人には作業内容を変えたり、丁寧に教えたりしてうつ病にならないように周りの人が支えてあげることも大切です。
そしてコンピューターに慣れ過ぎてしまった人は、パソコンでの作業が増えれば増えるほど、それに関連する心の病も増えています。一番多いのが、機械に向き合う時間が多すぎてストレスをため、心身症になること。これはテクノストレス症候群とも呼ばれています。頭痛や腹痛などの一般的な身体症状もでますが、テクノストレスではそれに加え、コミュニケーションの問題が起きやすくなっています。コンピューターでの画一的な反応に慣れてしまった影響で人間と対面する時に極度に緊張してしまうのです。
生活パターンを変えて、対話に慣れていくことが一番の解決法です。
交流する経験を増やすことで改善します。対話や感情表現を恐れていてはいつまでも治りません。少しずつでもコミュニケーションをとるように自分を変えていく必要があります。

スポンサーリンク