精神病は遺伝するか

精神病は遺伝するかという問題について

スポンサーリンク

精神的な病に対しては遺伝によって、起こるといわれることが多いです。
では精神病は遺伝するかというと、ある程度はそういうところがあります。
精神的な病は脳の状態がおかしいと起こりやすく、また性格的にもなりやすい人がいます。
脳の状態や性格は遺伝しやすいですから、親や親戚が精神的な病だと問題になりやすいところはあります。
ただ遺伝による影響はそれほどは大きくなく、この病気は生活習慣によって起こることが多いです。
精神的な病になる原因は遺伝による影響と、生活習慣による影響が半々くらいあります。
ですから親や親戚がそういう症状を持っているからといって、自分もなるとは考えないほうがいいです。
精神的な病は生活習慣によっても起こるものなので、遺伝による影響を過剰に考えるのは間違いです。
あくまで遺伝による影響は可能性があるだけですから、そういうものがあっても病気になるとは限りません。
スポンサーリンク

精神的な病になる人が家族に多いと、自分もなるのではと考えることがあります。
このような病気になる人には傾向があり、几帳面で色々な世話をする人はなりやすいです。
そのためそういう性格が遺伝していた場合は、ある程度症状が起きやすくなります。
しかし環境によってはそうならない可能性もあり、遺伝による影響はそれほど強くはありません。
病気は遺伝の影響で起こるタイプのものと、生活の環境によって起こるものに分かれています。
遺伝によるものは先天的な病気になりやすく、生活の環境によって起こるものは怪我などがその範囲に入ります。
では精神的な病はどちらに入るのかというと、このような病気はちょうどこの2つの中間に存在します。
そのため遺伝によって起こるともいえますし、後から起こるものだともいえる病気になっています。
そういう意味でいえば生活環境を工夫すれば防げるものなので、遺伝の影響が強い方は対策をする事が大事だともいえます。
スポンサーリンク