精神病患者 寿命

精神病患者の平均寿命についての説明

スポンサーリンク

統合失調症やうつ病などを患っている精神病患者の特徴として、一般の方に比べて平均寿命が短いとされています。
そうなってしまう原因についてはいくつかありますが、要因として精神病以外にも重大な病気を患っていることが多いです。
それも悪化することで生命の危険性を左右するものが多く、適切な治療が受けられないことも関係しています。
一般的に精神病患者として病院に入院する場合において、精神病以外の治療は受けられないことが多いです。
そのため本来ならば内科で治療出来るような病気があったとしても、そちらは放置されてしまうことがあります。
それによって死亡率も高くなってしまう傾向があり、平均寿命についても短くなってしまうケースが多くなっています。
また精神病の場合には患者が暴れないための措置として、看護師がつきっきりで治療を行います。
そのため精神病以外の病気の治療については、行いにくくなっているのが現状となっています。
スポンサーリンク

 一般の方に比べて精神病患者の平均寿命が短くなってしまう2つめの原因として、治療時に使用する薬が関係しています。
精神病の治療に使用する薬については、風邪や発熱時などに使用するものに比べて得られる作用が強力なものとなっています。
治療においては有効となっていますが、その分副作用についても出やすくなっている傾向があります。
高齢者の患者に対してこの副作用は体が耐えられないことがあり、それによって平均寿命を下げてしまうことがあります。
そのため病院側では患者が倒れてしまった場合でも、適切な対応や処置が出来ないまま亡くなってしまうことがあります。
さらに精神病が他の病気を誘発してしまうことも多いので、それがきっかけとなって命を落としてしまう患者もいます。
精神病患者にはこういったリスクが色々伴うため、死亡率が高くなったり平均寿命も低くなってしまうことが多くなっています。
スポンサーリンク