認知症 精神病院 入院 費用

認知症で精神病院で治療を受けるために支払う入院費用について

スポンサーリンク

認知症が発症すると記憶力が低下してしまうことから、治療において精神病院で専門的なケアを受けることがあります。
そこでそういった場合における入院費用について、基本的にどれくらいかかることが多いのか調べていきます。
入院費用においては保険適用されるケースであれば、負担額についても3割ほどで大丈夫な決まりとなっています。
大まかに1ヶ月から3ヶ月ほど専門病院で治療を受けることが多く、大体10万前後で利用することが可能です。
これには治療費を始めとして食費も含まれており、比較的低価格で専門的な治療を受けることが出来ます。
また日用品なども病院で追加で用意することが可能ですが、これについては治療費とは別にかかることが多いです。
よって3割負担という保険適用される範囲内であれば、治療費についても10万円前後あれば大丈夫なことが多くなっています。
スポンサーリンク

 基本的に認知症で精神病院に入院した場合の費用として、保険証などが使用されれば3割負担の10万円くらいで収まることが多いです。
しかし中には例外があるケースもあり、生活保護支給者の場合にはまた少し事情が異なっていることがあります。
生活保護支給者の場合には医療費が支払えないケースが多いので、患者に対しては特に請求しないことがあります。
そのため患者の負担が実質無料となるため、お金の持ち合わせがなくても治療を受けることが可能です。
その場合においては患者が住んでいる市町村に医療費を請求することが多く、金額については上記と同じくらいになります。
なお自分で費用を支払うことが可能であれば、自己負担として10万円前後を支払っていく流れとなっています。
このように患者の経済的状況によっては、負担額について市町村が代わりに支払うケースもあります。
スポンサーリンク