ステロイド 精神病 症状

薬のステロイドと精神病の症状との関連性について

スポンサーリンク

外傷やリウマチなどの炎症を抑えるためにステロイドという薬が服用されることがあり、治療において高い効果を発揮します。
そのため治療薬としてとても有名な薬でありますが、その一方で精神病の症状を誘発する可能性もあります。
長期間ステロイドを服用することによって、ストレスに弱い精神状態や認知機能の低下といった病気が発症することがあります。
こういった精神病が発症してしまうリスクについても、他の薬に比べて比較的高い傾向がある点にも注意が必要です。
また症状が悪化してしまうことによって、うつ病や統合失調症といった病気も誘発することもあります。
それによってこれらの病気の治療を受ける必要性も出てくるので、使用には十分注意することが前提となります。
そのため出来るだけ夜に服用をしないで、午前中や早い時間帯に使用するなどの工夫が必要となっています。
スポンサーリンク

 精神病を投薬療法で治療を進めるケースがありますが、その際にステロイドという薬が使用されることがあります。
比較的得られる効果や作用が高い薬となりますが、その分別の症状を発症する危険性がある点が注意事項となります。
精神病を発症してしまうケースが多くなっており、うつ病なども同時に誘発することもあります。
対策としてはステロイドの服用量を減少させることとなり、患者自身にかかる精神的負担を減らすことが目的となります。
また可能であればステロイド以外の薬を使用する対処も有効であり、これによって精神病の治療を行っていきます。
実際にこの薬の使用を止めることで、2次被害的な病気を誘発するケースもほとんど無くなる傾向にあるのが特徴です。
なので治療においてこの薬を使用する場合には、ごく少量かつ使用時間についても守っていくことが大切となります。
スポンサーリンク